株式会社NBA

メールカウンセリングへ
  • 大切なペットの心と身体に癒しのひと時を与える新しい自然療法。
  • ペットの様々な問題でお悩みの飼い主様必見です!!
詳しく見る
  • カダンビ博士のとてもためになるコラムを定期的にご紹介!!
詳しく見る
ライフアカデミーホームページ
ライフアカデミージャパンホームページ
特定非営利活動法人ワイルドフラワーセラピスト協会ホームページ
一期一会ホームページ
サロネーゼホームページ

バルナオ博士のlifeワイルドフラワーエッセンス

自身の病の為に始めたフラワーエッセンス

1977年にバスデバ・バルナオ博士はフラワーエッセンスの研究を開始しました。
フラワーエッセンスに出会う以前の博士は、高校の教師をやっていましたが彼は、重度の喘息という持病を持っていた為、様々なナチュラルヘルスを学びながら自身に試していくうちにフラワーエッセンスに出会いました。
何度も病院に担ぎ込まれるほどの激しい発作を繰り返していた彼が、フラワーエッセンスを使用した事により症状が全く無くなってしまったのです。
その驚く効果にすっかり魅了されてしまった博士はその後フラワーエッセンスの研究へと人生を捧げていく事になります。

※バルナオ博士の実体験であり、使用結果には個人差があります

病院でも使用される無害な自然療法

1983年にバルナオ博士はカダンビ博士と知り合い、公私共にパートナーとして歩み始めました。
彼らはフラワーエッセンスを作るだけではなく、正しい使用方法を人々に広めていくことが重要と考えました。
そしてバルナオ夫妻の下でトレーニングを多くの学生が、病院でナチュラルヘルスの商品として実際に使用するようになりました。
病院などで使われるようになった大きな理由は、全ての人々に安全に使用出来、中毒にならず、手頃な価格でどんな方でも使い易かった為です。
薬を飲んでいる方が一緒に使用してもまったく問題なく使用できると言う利点もあります。

※不安のある方は医師に相談の上ご使用下さい。

世界が認める底知れぬ可能性

バルナオ博士がワイルドフラワーエッセンスの研究を始めた1977年頃は、世界的にもまだフラワーエッセンスに対しての関心は極めて低く、自然療法の中でもあまり興味を持たれている分野ではありませんでした。
その後様々な活動と研究を重ねてきたバルナオ博士ご夫妻は、確かな技術と知識を持ったセラピストを育成する為に”オーストラリアン・フラワー・エッセンス・アカデミー”(現:ライフアカデミー)を1987年に設立。
世界で初めて、国が認定したフラワーエッセンスの専門学校で、オーストラリア政府公認の自然医療の学位免状を取得出来、オーストラリアのいくつもの大学で科学の学位として認められています。

バスデバ・バルナオ博士

1990年に痛みの学会がオーストラリア・パースにて開かれ、医療従事者、カウンセラー、セラピストや鍼灸師など様々な方が参加されている中で両博士も出席しました。
その学会の中で痛みに対する治療法が数多く紹介されていく中で、ある一人の男性のとても激しい痛みを唯一取り除く事が出来たのは、フラワーエッセンスだけでした。

カダンビ・バルナオ博士

そして、学会での功績を称えられ、ロシアの大学から両博士に博士号を与えられ、1995年には研究開発と地域社会に於ける博愛的な健康促進への貢献に対して、夫妻はそれぞれ聖ヨハネ騎士団のナイト爵のデイムとサーに叙せられました。
(これは900年前より国際的な騎士団であるホスピタル騎士団として知られており、病気の人々の救護や弱者および迫害された人々の保護を信奉している組織です。)

両博士の努力の結果、様々な医療関係の学会等で発表する機会が与えられ、ワイルドフラワーエッセンスセラピストのトレーニングシステムを病院が認めて実際に行うことを許可し、看護士へのトレーニング実践を開始しました。
そして、現在でも両博士は自ら教壇に立ち多くのセラピストの育成に励みながら研究、開発を続けながら、、ワイルドフラワーエッセンスの素晴らしさを世界へ広めるべく、様々な国へ赴き、活動を行っています。