株式会社NBA

メールカウンセリングへ
  • 大切なペットの心と身体に癒しのひと時を与える新しい自然療法。
  • ペットの様々な問題でお悩みの飼い主様必見です!!
詳しく見る
  • カダンビ博士のとてもためになるコラムを定期的にご紹介!!
詳しく見る
ライフアカデミーホームページ
ライフアカデミージャパンホームページ
特定非営利活動法人ワイルドフラワーセラピスト協会ホームページ
一期一会ホームページ
サロネーゼホームページ

バルナオ博士のlifeワイルドフラワーエッセンス

FAQ

Lifeワイルドフラワーエッセンスとは何ですか?
フラワーエッセンスとは、お花が持つポジティブなエネルギーを水に転写して作られた自然療法の一つです。
人体のエネルギーに働きかけて心と身体、精神や感情など、魂を成長させる為への気付きを与え、自分らしくより良い人生を歩めるよう、サポートしてくれる心身療法です。
Lifeワイルドフラワーエッセンスはどのように作られるのですか?
環境汚染や人間の影響を受けていない、自然本来の姿をしている所に咲いている野生花から、苛酷な環境で育ってきた力強い生命力、進化の過程で培ってきた知識、そのお花が持っている性格をエネルギーレベルで水に転写したり、お花についている朝露を利用しエッセンスを作り出します。
バルナオ博士のLifeワイルドフラワーエッセンスは、開花直前の一番エネルギーに満ち溢れている時期にお花を摘み取ることなく、生きたままの状態でエッセンスを抽出します。
その時の天候、採取者の心の状態などもエッセンスには影響する為、高品質なエッセンスは取る為には花々のヒーリング特性を見極める事が大切だと言われています。
このエッセンスに保存液としてブランデーを加え、希釈・活性化されたものが88種類あるワーキングストックエッセンスとなりそれらをベースにコンビネーションエッセンスや、クリーム、スプレー、ペットフラワーエッセンスが作られています。
Lifeワイルドフラワーエッセンスはどんな香りがするんですか?
フラワーエッセンスに香りはありません。
フラワーエッセンスの保存液の成分として、90%以上のブランデーと塩と少量のフラワーエッセンスが転写されているお水で出来ているため、香りはブランデーのようなお酒の匂いがします。
アロマオイルのように芳香療法では無く、フラワーエッセンスは波動療法と言われ、お花の抽出成分は一切入れず、そのお花が持っているエネルギーをお水に転写したり、お花についている少量の朝露を利用しエッセンスを作り出しています。
ただ、lifeワイルドフラワーエッセンスの商品の中でもクリームやスプレーのように噴霧する物に関しては、フラワーエッセンスと相性の良いアロマオイルを少量入れ香り付けしていますが、それらの商品に関しても、目的は芳香療法ではありません。
Lifeワイルドフラワーエッセンスはどのように使うのでしょうか?
ご飲用いただいたり、気になるところに塗布したりとお好みの方法でご使用頂けますが、始めてお使いになられる方などの基本的なご飲用方法として、舌下に1滴を1日2時間おきに6回や、、コップ半分の水に6滴を1日2回朝と晩に入れて飲む方法をお伝えしております。
抱えられている課題の深さなどによって飲む量が変わることもあります。
その他スプレーする使用する方法や、入浴方法等もお勧めしております。
Life ワイルドフラワーエッセンスを使用するとどのような変化がありますか?
現在抱えている悩みやストレスの原因などに対して、必要であるお花のエネルギーが心と身体へ作用すると、感情や精神状態に変化が見られます。
今まで辛いと思っていた事が何でもない事のように思えたり、パターン化してしまっていた思考や習慣などに気付いたり、体調が良くなったなどという形で表れる事も良くあるようです。
変化を即座に感じる方もいれば、1〜3ヶ月後に新たな変化に気付かれる方もいらっしゃいます。
副作用や禁忌事項のようなものはありますか?
フラワーエッセンスは、お花が持つ意識、性格、知恵、生命力などの検出されないエネルギーレベルで作られている為、副作用や禁忌事項は一切無く、小さいお子様からお年寄り、妊娠中の方やペットにまで幅広くご使用頂けます。
但し、保存液にブランデーが使われている為、アルコールアレルギーの方がご使用になる際には注意が必要です。
ご心配の方はアルコールを使用しない調合方法もありますのでお問い合せ下さい。
間違ったエッセンスを使用してしまったらどうなりますか?
今必要としていないエッセンスを選んでしまったとしても、エッセンスと心が共鳴しなければ、何の反応も感覚もなく、不必要なエネルギーは、自然と排出されて行きます。
Lifeワイルドフラワーエッセンスは、副作用や禁忌事項、習慣性が一切無く、どなたでも気軽にご使用頂ける自然療法ですので、間違ったエッセンスをご使用頂いても心と身体には一切悪影響はありませんので、ご安心下さい。
妊娠中や、小さい子供に使用するのは問題ないですか?
はい、問題ございません。
フラワーエッセンスの成分は90%以上がブランデーで出来ていますが、飲む量は一回に数滴です。
アルコールが苦手な方やお子様には、スプレータイプのご使用や入浴方法をお勧めしております。
妊娠中でもつわりや出産時に効果があるフラワーエッセンスもありますので、ご相談下さい。
どのくらいの期間使用したら効果を感じられますか?
効果や体感は人それぞれに異なり、その時の課題等によっても個人差は見られると言われています。
短期間で効果を感じられる方もいれば、一定の期間ご使用頂いても、多少の変化しか感じられない方もいらっしゃいます。
一般的には30mlのボトルで1日6滴を目安に使用し、約3ヶ月程度で飲みきる事をお勧めしております。
使い始めは毎日続けて頂く事が大切になってきます。
本当に変わりたい、こうありたいと思いながら使用する気持ちも気付きや理解、感受性を持って使用する事がエッセンスの効果を高めるサポートの一つになっていきます。
Life ワイルドフラワーエッセンスとアロマオイルの違いは何ですか?
アロマオイルは植物の様々な部位から、水蒸気蒸留法や、圧搾法などの方法で抽出される非常に高密度な化学成分を含んだ揮発性のもので精油とも言われ、植物独自の香りと効果を持っていますが、、飲用することは大変危険とされており、使用するには注意が必要な物や、禁忌事項もあります。
香りをかいだりキャリアオイルなどにブレンドして身体に塗ることにより植物の成分が効果を生むのに対し、フラワーエッセンスは、お花の精神、粒子を水に転写させ、現在抱えている問題や悩み事の根本的な原因に対してお花のエネルギーを波動として心と身体に伝え、改善・サポートする波動療法の為、物質成分は一切含まず、香りもありません。
フラワーエッセンスとアロマオイルは相性が良いものと悪いものがあります。
中にはフラワーエッセンスの効果を打ち消してしまう物もありますが、相乗効果を生み出す相性の良いアロマオイルもあり、クリームやスプレータイプの商品には少量のアロマオイルが入っている物もあります。
Life ワイルドフラワーエッセンスとハーブの違いは何ですか?
ハーブは植物そのものを使用し、ハーブティーやチンキ(液体)やカプセル、ハーブボールなど様々な形で使用されています。
ハーブには独特の香りがあり、ヒーリング効果の高いものになりますが、直接肉体に強い影響を与えますので、禁忌事項もあり、多量に摂取しすぎると害を及ぼすハーブもあります。
お花の物質成分が一切入っていないフラワーエッセンスは、、精神と肉体に影響を与えながらも大量に摂取したり、間違えてしまったエッセンスを使用したからといって、害になるようなことは一切ありません。
Life ワイルドフラワーエッセンスとホメオパシーの違いは何ですか?
ホメオパシーとは、同種療法・同毒療法・同病療法などと訳され、植物、鉱物、動物など様々な物から作られ、『似た物が似た物を癒す』といった『同種療法』の考えから、病気を引き起こす原因物質を一億倍以上にまで希釈し激しく振り動かしたものを使用することにより、症状を出し切り、回復へと導きます。
ホメオパシーは個々の自然治癒力に働きかけ、体内に留まっている悪い物を鼻水や汗、長年溜め込んでいた感情など様々な方法で体外へと排出させる事で本来持っている健全な肉体と精神を取り戻します。
自己治癒力を高める1つの良い療法ではありますが、時には症状の悪化や、新しい病気の発病などの副作用が出現する事もあります。
『毒をもって毒を制す』といったホメオパシーとは違い、フラワーエッセンスはお花が持っている物質成分ではないエネルギー(波動)により、悩みの根本から癒し、自身が望むあるべき姿へ成長するサポートをするものです。
精神面から来ている肉体の変化に対しても使用する事が出来、多く使用しても悪化することは無く、使用する際の禁忌事項もありません。